住宅ローン借り換えタイミングでメリットがあるのは?

住宅ローン借り換えのタイミングは、金利差が1%以上、返済期間10年以上がメリットがでやすいと言われています。
確かに手数料などもかかってきますから、返済総額の計算をしてみて数十万円以内の差であれば、あまり変わらないということになってしまいます。
ところが、1%以上の差があって、10年以上かけて1,500万円を返済していくとすると、64万円ほどの差がついてきます。
ちょうど手数料によって判断したい金額ですね。
10年以上前に住宅ローンを組んだ人の中には、現在2.
5%〜4.
0%の金利で返済を続けている方がかなりいるのでは無いでしょうか。
フラット35では、優良住宅としての基準を満たしている条件はありますが、かなり手続きも省略出来るようになっていますし、長期固定の1%前半の金利は魅力的です。
新生銀行住宅ローン借り換えの諸費用は?評判の理由!【いくらかかる?】