自営業の住宅ローン審査のコツは?

自営業の住宅ローン審査は、どのようなところにポイントがあるのでしょうか。
審査を通るためには、事業内容が安定していて、収入が返済に困らないだけあるということが大切です。
ですから、確定申告書のコピーを3年分以上用意して、申告している収入が安定していることを示す必要があります。
中には節税対策として、出来るだけ収益が少なく見える様に出来るだけ多くの必要経費を申告しているケースもあるかもしれません。
融資の審査では、かえってマイナスになってしまいます。
偽りの記載はいけませんが、グレーゾーンの必要経費は含めずに、ある程度の収益が上がっている様に見えた方が有利ですね。
また、頭金があると、家計のコントロールが出来ているということで、管理能力を信用してもらう材料になり、審査に通り易くなります。
自営業の住宅ローン審査の基準が緩いのは?