東京スター銀行住宅ローンとは?

東京スター銀行住宅ローンの特徴は預金が増えるとローン金利が下がるという画期的なもので、繰り上げ返済の代わりに預金を増やすこともできるので、住宅ローンの支払いを続けながら資産形成もできます。
仕組みは住宅ローンの残高から円または外貨の普通預金の残高を引いた額の金利が掛かるものです。
つまり2000万円の住宅ローンの借り入れがあり、預金が500万円あるとすると、金利が掛かるのは差し引いた残りの1500万円です。
この預金が増えるほど金利負担も軽くなるのが大きな特徴です。
仮に2000万円の預金があると金利負担はゼロになります。

住宅ローンは金利支払いの総額でみると相当な額になるだけに、預金を切り崩すことなく、住宅ローンと将来の資金づくりができるのは大きなメリットです。
借り入れ金額により金利が異なり、融資の対象も東京スター銀行の店舗がある地域に限られるのですが、自己資金を多くもっている方にはおすすめの住宅ローンです。